『Trackmania』Map Editorでカメラを操作する(Simple Editor)

それでは、マップを開いたらカメラに慣れていきましょう。

カメラでは、トラックを自由に見てオブジェクトをお互いに正しい距離に配置したり、特定のオブジェクトを最も見栄えが良い場所に配置したりできます。
 
カメラを様々な方法で操作することができます:
 
マウス操作
画面左下のカメラアイコンをクリックして、カメラモードを有効にします。カメラモードを無効にしたい場合は、再度カメラアイコンを選択します。 
 

または、Altキー長押ししてカメラモードを有効にすることもできます。 キーを離すと、モードは無効になります。
 
マウスを動かしている間にクリックマウスの左ボタン長押しすることにより、カメラを動かすことができます。カメラのポジションは、マウスを画面の端へ動かすことによって変更することもできますが、ボーダレスウィンドウモードで『Trackmania』を実行させている場合、常に機能するとは限りません。
 
カメラを回転させるには、マウスの右ボタンクリックして長押しします。マウスを動かすと、表示角度が変わり、カメラが回転します。
 
マウスホイールを使用することにより、ズームインとアウトを行うことが可能です。ズームインとアウトを行う別の方法は、マウスホイール押したままにしてマウスを動かします。
 
 
キーボード操作
ナンバーパッドのキー46でカメラを回転させることができます。キー82で、地面の近くから遠くからの視点までの視野角を調整できます。
 
Editorでぜひ試してみてください!
 
動作回転ズーム機能に慣れてきたら、引き続き最初のトラックの作成に進みましょう。

関連するプラットフォーム

参考になりましたか?

フィードバックありがとうございます。 フィードバックありがとうございます。お力になれず申し訳ありません。
サポートチケットに投稿 して、どのような状況か教えてください。